リトルランナー

リトル・ランナー

リトル・ランナー

【ストーリー】
1953年、カナダのカソリックスクールに通う14歳の
ラルフの難病の母が昏睡状態に陥ってしまう。
奇跡でも起きない限り、母は目覚めないと言われ、
その奇跡を自力で起こしてみせると決心。
神父が生徒に向かって「君たちがボストンマラソンで
優勝したら、奇跡だ」と言った言葉を受けて、
ボストンマラソンに優勝して、母を助けようとする。

【キャスト】
アダム・ブッチャー
キャンベル・スコット 「ぼくのともだち ドゥーマ
ゴードン・ピンセント 「ナッシング
ジェニファー・ティリー 「コード
タマラ・ホープ


posted by maple at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | ヒューマンドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

リトル・ランナー
Excerpt: 奇跡なんて、起こしてみせる! 「グッバイ、レーニン!」「リトル・ダンサー」に続く-親子の絆をみつめた新たなる傑作! 優勝すればママは目覚める ― ボストンマラソンに出場した最年少ランナーが贈る心温..
Weblog: DVD生活のはじまり
Tracked: 2006-10-23 21:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。